HOME > 検査エンジニアリング > UT 超音波探傷検査
UT 超音波探傷検査
建築、橋梁、造船、圧力容器、タンク、機械、各種土木工事の溶接構造物の
内部欠陥検出や配管、プラントの肉厚測定、アンカーボルト・ロックボルトの長さ測定、
金属材料の内部欠陥の検出を行います。
鉄骨溶接部の検査

鉄骨溶接部の検査

鉄筋圧接部の検査

鉄筋圧接部の検査

検査対象

建築、橋梁、造船、圧力容器、タンク、各種土木工事の溶接部内部欠陥の検出。
配管、タンク、各種プラントの肉厚測定。金属材料の内部欠陥の検出。

特 徴

超音波探傷検査が出来る有資格者19名の内、最高レベルのレベル3保有者が5名おり、各種の大型工事にも対応可能です。
アンカーボルトやロックボルト等の長尺埋設物の長さ測定が出来ます。
建築、橋梁、造船、圧力容器、タンク、配管、機械の検査経験が豊富です。

実 績

東京都庁舎、横浜ランドマークタワーなど超高層建築鉄骨
首都高速道路、新東名高速道路、国土交通省、JR鉄道をはじめとする公共工事
造船、プラントの定修工事、タンク、圧力容器、機械等の溶接部検査、肉厚測定

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム
・設備エンジニアリング事業部 機械設備部 検査室
 TEL. 045-505-7975 FAX.045-502-7454
・静岡メンテナンスセンター 検査室
 TEL. 054-344-7180 FAX.054-344-7181