HOME > 検査エンジニアリング > PT 浸透探傷検査
PT 浸透探傷検査
造船、機械、橋梁、配管、タンク、各種土木工事等の溶接構造物の
溶接部や素材の表面欠陥の検出を行います。
タンク頂板溶接部の検査

タンク頂板溶接部の検査

ボイラー吸気導管溶接部の検査

ボイラー吸気導管溶接部の検査

概 要

造船、機械、橋梁、配管、タンク、各種プラント、各種土木・建築の新設工事や耐震補強工事の溶接部表面欠陥の検出に利用します。

特 徴

対象部位が常温の状態ばかりでなく、高温(150~200℃)状態でも検査可能です。
原子力等の特殊な部位にも低ハロゲンの溶剤を使用し、対応出来ます。
造船、機械、橋梁、配管、タンク、各種プラントの新設、耐震補強、定修工事の経験が豊富です。

検査対象

造船、機械、橋梁、配管、タンク、プラント、各種土木工事等の溶接構造物

実 績

新東名高速道の新設工事、JR新幹線、在来線、国道、地方道の耐震補強工事
タンク、各種プラント、清掃工場、配管類の新設工事や定修工事
造船、修繕船、機械類の新設工事や修繕工事

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム
・設備エンジニアリング事業部 機械設備部 検査室
 TEL. 045-505-7975 FAX.045-502-7454
・静岡メンテナンスセンター 検査室
 TEL. 054-344-7180 FAX.054-344-7181